隠れ肥満はインナーマッスルトレーニングとゼニカル

一見、痩せているように見えても、実は体脂肪率が高い「隠れ肥満」になっている方が、増えつつあります。
20代女性では3割から4割が、隠れ肥満になっているというデータもあるほどです。
ダイエットをしてはリバウンドを繰り返している方や、小食なのに太りやすいという方、体重は変わらないのにお腹回りが太くなったという方は、もしかしたら隠れ肥満かもしれません。

隠れ肥満はそのまま放置していると、動脈硬化などの生活習慣病を引き起こす、引き金になってしまう為、早めに対策を行いましょう。
隠れ肥満解消に有効と言われているのが、「インナーマッスルトレーニング」です。
インナーマッスルとは体の深部層にある筋肉で、この筋肉を鍛える事で、新陳代謝をアップ出来ると言われています。

インナーマッスルは表層にある筋肉よりも、エネルギーを消費しやすい傾向にあります。
体についた脂肪をエネルギーへと変え、燃焼してくれる効果がインナーマッスルは優れているのです。
インナーマッスルを鍛えるには、有酸素運動やバランスボールなど、体のバランスを整える運動が効果的となっています。

ただ、運動は苦手で、なかなか続かないという方も、多いのではないでしょうか。
このような方は「ゼニカル」による、ダイエットを試してみましょう。
ゼニカルは肥満治療薬として、海外では一般的に処方されている薬です。

脂肪の吸収を抑える作用があり、ゼニカルを服用する事で、体への脂肪の蓄積を予防できます。
元々、食事量が少ないという場合には向かない薬ですが、ダイエットの為に食事制限するとストレスが溜まるという方や、脂っこい食事が好きという方の場合、ゼニカルは大きな効果を発揮します。

ゼニカルとインナーマッスルトレーニングを併用すれば、体脂肪を落としつつ筋肉がつく為、引き締まったキレイなボディラインになるでしょう。